キッズサポートあゆみ(放課後等デイサービス)|金沢市諸江町

キッズサポートあゆみでは、障がいのある小学生から高校生を対象に、金沢市で放課後や祝日にデイサービスを行なっております。

キッズサポートあゆみ|放課後等デイサービス

ホーム ≫ ブログページ ≫

キッズサポートあゆみ
ブログページ

あゆみの療育 フラフープで輪投げ大会!

2019-11-19_23-38-38_365
あゆみの今回の療育は、フラフープで輪投げ大会です。

この療育の狙いは、1. 順番を守る  2. 距離感をつかむ 3.他の子供の得点を素直に喜ぶの3点です。

家庭でも、施設でもできるの参考にしてくださったら嬉しいです。

ルール説明しますね。

まずは、赤、白のゴミばこをボーリングのピンに見たたて準備します。 

2019-11-19_23-38-03_250

このピンにフラフープを転がしながらフラフープが倒れたところでピンを囲んだら1点となります。

合計3球投げることができ合計得点を競います。

まずは、小さな子チームが登場です。

2019-11-19_23-38-18_272

まずは、ルールを無視して、真上にフラフープをかざしてよっこらしょ!とこんな感じでまったりとしたゲームが開始されました。

次の女の子も、 フラフープを転がす位置からゆっくりと前に前進。

2019-11-19_23-45-27_007

さっき見た風景がまた繰り返されるのか?とみんな固唾を飲んでみていると

でたー!

なんだかルールを無視して、「私もよっこらしょ!」と同じ感じでフラフープをピンの上に重ねます。

2019-11-19_23-38-38_365

うーむ。困った、みんなどんな反応をするのか?

子供たちは、一斉に「1点ゲット!」という暖かい声援と

「それ汚いよー。反則だ」という2つの意見に分かれます。

そんな時も指導員は焦らず対応。

HくんもNちゃんも、まだ難しいから自分で考えてゲームしてるんだよ。えらいね。

と決して誰も責めずに一人一人の個性を伝えます。

新入生のHくん。ゲームにも最初は参加するのが難しかったのですが、今日は自分からゲームに参加してくれました。

結果は、1ピン。 積極的に参加してくれ指導員は感動です。

2019-11-19_23-45-15_961



次は、大きいお兄ちゃんチームの登場です。



けどこのゲームは、フラフープを投げても倒れた位置がピンの上にならなければならず、狙って入るものではなく、偶然の要素がでかいんです。

最年長の小学6年生が準備完了。


2019-11-19_23-38-52_895

フラフープは順調にまっすぐに流れてゆきましたが、あまりにも地面に垂直に投げるので途中のピンを通り越してしまいました。

ただ、1点は執念でもぎ取りました。 エライ!さすが!の声が他の子供たちかかります。

最終的に優勝者は、ダークホースのAちゃん。


2019-11-19_23-39-04_372

なんと2点をとっての単独優勝。 みんなで表彰式。👏

今回もみんなで盛り上がる療育ができました。

   -------------------------------------------------------------------------

今からの季節、放課後等デイサービス選びも活発化する季節です。
   

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

2019年11月19日 23:32

指導員の紹介。まずはあゆみの大黒柱しんちゃんです。

いつもあゆみのブログをご覧くださり誠にありがとうございます。

今回のブログは、あゆみの大黒柱新屋さんを紹介します。

2018-12-21_00-22-43_661

新屋さんは、あゆみの管理者であり児童発達支援管理者の2足のわらじで頑張ってくれています。

この新屋さんのいいところは、まずどがつくほどの真面目ちゃんです。そして、頑張り屋さんです。

子供のことが大好きでこの児童発達支援・放課後等デイサービスの業界に入ったそうです。

この業界も8年目で、ますます仕事に磨きが掛かってきました。

先日も、突然「すご〜い。」と新屋さんの大声があゆみに響き渡りました。

私が、どうしたの?と聞くと、

「これ見てください。すごくないですか?」「ん?」

実は、新屋さんの担当の子供が、作業療法士の指導のもと自分の名前を漢字でスラスラと書き出したそうです。

それを見て新屋さんは泣いていました。

1451624

実は、彼女ずっとこの子が自分の名前をかけるようにと彼があゆみに来るたびに鉛筆を手に取り名前を一緒に書く練習をしてました。

そのお陰なのか、作業療法士がすごいのかは不明ですが、なかなかできなかった自分の名前を漢字でスラスラと書いたことに感動したようです。

こんなことで?と思うかもしれませんが、あゆみの子供にとってはこれもとっても難しいことなのです。

そしてそれは指導員にとっても同じこと。 ずっと一緒に名前を書く練習を積み重ねてきたからこそ出てきた涙なのかな。

それを、見て、私も新屋さんこんなに一生懸命に子供と向き合ってくれていたんだなぁ。と感動。

あゆみの指導員は、私が言うのもなんですが、みんな彼女のように真面目です。

そして子供一人ひとりに真剣に向き合ってくれています。

私の自慢は、こんな素敵な指導員たちが子供の指導をしてくれていることです。

1478119

自慢話ですみません。


 -------------------------------------------------------------------------

今からの季節、放課後等デイサービス選びも活発化する季節です。
   

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

2019年10月22日 23:56

たくましいから優しいへの変貌にびっくりです。

2019-07-26_13-51-15_399
いつもあゆみのブログをお読み頂き誠にありがとうございます。

今回、紹介する子供はKくんです。

Kくんは、小学1年生で体も人一倍大きく、あゆみに来た当初はまさに番長でした。

2019-07-26_13-54-37_787

正直、人のおもちゃは何も言わずに蹴って壊す、人生ゲームの盤の上を歩いてゲームの邪魔をするなどそれは大変なものでした。

しかし、近頃のKくんは一味も二味も違います。

今日も、こんなことが…。






今日はボーリング大会をしました。


2019-10-21_22-30-57_2882019-10-21_22-31-10_003




彼は、得点表のボードにこんなことを書いてくれました。
















2019-10-21_22-45-36_000


これは、Kくんの担当者の薮野の文章です。


Kくんは、近頃だいぶ落ち着いてきて友達に優しく接するようになってきました。

そしてとどめは、「 がんばったね。」の一言です。

まだあゆみに通って半年ですが、誰にも言われていないのに友達にあんなに優しい言葉を投げかけるようになったKくん本当に素敵です。

そして、またしても心を優しく誘導してくれたのは、担当の薮野でした。

2019-05-09_16-36-47_970

彼女の子供大好きの度合いがハンパないから、おせっかいがすぎるぐらいだから、

子供たちみんなに愛され、このような優しい子供を育ててくれているのだと思います。


お父さんお母さんもすごく素敵な方で、子供に真正面から向き合っているのがよくわかります。

Kくんはみんなに愛され、どんどん素敵に変貌しています。

そしてあゆみは療育を通じて、心豊かな子供を育てて行きます。





 -------------------------------------------------------------------------

今からの季節、放課後等デイサービス選びも活発化する季節です。
   

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

2019年10月21日 22:20

話しができるようにしたい。言語発語法の〇〇は如何!

2019-03-20_23-50-42_526
あゆみのブログをお読みいただきありがとうございます。

早速ですが、

音が聞こえない人で言葉を話せない人には、手話があります。

音が聞こえているけど言葉を話せない人には、〇〇があります。

実は この答えを知っている人が驚くほど少ないのが現実です。

特に、北陸はこの部分の啓蒙が遅れている地域の一つです。

と言っても保護者、特にお母さんの正解率は小学校の先生たちより高いのにはびっくりさせられます。

kanasiikao

耳が聞こえて、保護者や他人が言っていることは理解できない子供は、表出(言葉を話せるようになる)することが、

意外と難しくないことはちょっと考えてみれば分かりますよね。

こっちが言っていることが理解できていれば、言葉の理解はできているのだからあと自分から話をしたいと思ってもらえば

言葉は自然と出てくることは理解できます。赤ちゃんは、言葉を理解する前から言葉を見よう見まねで話だすのですから、

小学生の子供たちにとっては理解している言葉を話すことがさほど難しい訳がありませんよね。

問題なのは、この子供たちに言葉を話す方法を教える手段がなかったことが問題なのです。

ただし、今まで子供たちは、半ば強制的に親の言うとうりに行動させられるだけで、自分の言いたいことは、伝えられない、意思を伝えられなかった。そして親は自分を理解してくれない。と言う苦い思い出があります。

そこで、子供たちは、自分から伝えるとを諦めているのです。

1018793

だからこそ、今から私が紹介する言語発語法を親子で習得し、子供が自らコミュニケーションをとりたいと思える環境を作りましょう。

紹介する言語発語法で、今からでも遅くありませんから子供の言いたいことを理解し、コミュニケーションを取る方法を一緒に学んでください。



この耳が聞こえて話ができない子供に言葉を教える方法が、



マカトン法です。

2018-12-13_15-55-02_924


このマカトン法は、首都圏や関西などでは、本当に多くの支援学校で共通言語で使用されています。

と言うのも多くの子供が幼少期からマカトン法を利用してコミュニケーションをとっているので小学校でも

使用して欲しいとの要望が多く支援学校に寄せられているので、学校も動き出していると言うことらしいです。

マカトン法の講習会では、言語聴覚士も多く参加しているのも驚きです。

マカトン法の習得法や利用の仕方などを明日お知らせします。


  -------------------------------------------------------------------------

今からの季節、放課後等デイサービス選びも活発化する季節です。
   

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

2019年10月15日 23:36

私たちの取り組みを一部紹介します。

sitename02
いつもあゆみのブログをお読みくださりありがとうございます。

弊社、株式会社しあわせカンパニーでは、毎月NGOの  「 WORLD VISION  JAPAN  」のサマール地域開発プログラムに寄付をしています。

この寄付は、皆様からの毎月の売上の一部を活用させていただいております。

この団体に寄付させていただくことで、一人の子供が幼稚園や小学校に通えるようになり、学問を学び、自力で今住んでいる貧困地域から抜け出し、負の連鎖から抜け出すことができるかもしれません。この手助けをするのがサマール地域開発プログラムです。

そして、このプログラムで寄付する子供を自分で決めることができます。 簡単に言うと里親のようなイメージです。

そしてアシュレイちゃんを選ばせていただきました。

皆さんの善意の子供、アシュレイちゃんは、フィリピンの貧困地域に住んでいます。

そしてこの子を選んだ時は、まだ3歳でした。 できるだけ小さなうちから教育を受けることができると将来きっと立派な大人になってくれるんじゃないかなぁ。と言う勝手な思い込みもあったのだと思いますが、この子に寄付しています。


2019-10-14_23-32-34_351


このプログラムの仕組みは、

sitename02

アシュレイちゃんの親に、子供を学校に通わせるお金がなく、そこで両親がNGOにアシュレイちゃんを地域の幼稚園・学校に行かせたいから、誰か世界中でアシュレイちゃんを学校に行かせるためのお金を寄付してくれる人を探して欲しいと依頼し、弊社、しあわせカンパニーがこのプログラムでアシュレイちゃんを指名し、毎月寄付し、そのお金でアシュレイちゃんは学校に通えるようになった。 これがプログラムの仕組みです。



ワールドビジョンジャパンのプログラムの趣旨は、

2019-10-14_23-33-08_073

と言うものです。

このプログラムは、キリスト教系のNGOで、毎月子供が学校に行っているか現地調査をしてくれており、親が勝手にお金を流用できない仕組みになっていて安心できます。

今も年に2回アシュレイちゃんからとっても可愛い手紙が来ます。

お返しに手紙と鉛筆・ノートなども送っています。

何気無い日常の中に、しあわせカンパニーが一人の子供の成長を手助けできているという幸せを感じています。

2019-10-14_23-33-00_401

今までなんだか恥ずかしく、お伝えしませんでしたが、ちょっとでも皆さんから頂く売上を未来のある世界の子供に還元したい。

あゆみに通う子供だけでなく、世界にもう一人あゆみが貢献できる子供がいて欲しい。

こんな想いを子供・保護者様にも共有していただけたら幸いです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今からの季節、放課後等デイサービス選びも活発化する季節です。

   

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

2019年10月14日 23:06

どうして焦っちゃんでしょうか?

あゆみのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

本日のブログは、保護者の皆さんの焦りについて考えてみましょう。

あゆみで保護者の皆さんんが口ぐちに言うことを要約するとこの1点だけです。

「 子供の将来が心配。けどどうすればいいのかが分からない。 」

理解できます。

けど焦ってもしょうがない。出来ること、好きなことを伸ばしてあげればいいのです。

これは、障害があるからではなく、どんな子供に対しても同じです。

所詮、人間は好きなことだけが伸び・仕事に出来ます。

嫌いなこと、不得意なことで生きて行くことは不幸の始まりなのです。

人は、好きなことをして幸せな人生を送ればいいんです。人間関係が上手に築けなくても仕事なんていっぱいあります。

漢字を覚えるより、PCソフトを使い1日で2万円稼ぐ方法はいっぱいあります。youtubeの編集を1本4万円で請け負うなんてこともできます。

失礼ですが、一生懸命に働くことだけでは、1日3時間PCに向かって好きなことを情報発信する人に収入面では勝てないのが現状です。

ホリエモンのYou Tubeを見ていたら私たち保護者・指導者の仕事感がいかに古いのかがわかります。

(ちょっと過激な内容ですが、現代の働き方の多様性が見て取れます。)


もし、子供が人間関係を上手にでなければ保護者は、稼げるPCソフトを与え、家で一人で仕事をする方法を教えればいいのです。

もし、字が書けなければ、P Cで文字を書くことを教えればいいのです。 たったそれだけのことです。

それよりも保護者や指導者は、社会正義やこれから急激に変わる仕事に柔軟について行ける子供を育てる方がよっぽど子供の将来に役に立ちます。

今までの学校教育は、役に立ちません。柔軟に生きて行ける子供を育てることが大切です。

現代は、P Cや携帯さえあれば今まで想像もできなかった仕事で稼げます。

こんなことなんです。 保護者・指導者の皆さんの仕事感は、正直古いのです。


けど、こうした方がいいなんて答えを私は持ち合わせていません。

なぜなら、古い価値観の人間だから、子供たちに教えることはありません。

今回の結論は、焦ってもしょうがない。

それより好きなことでご飯を食べて行けるよう、子供にとことん付き合って、飽きたら次に何がしたい?と常に子供に質問し、やりたいことを一緒に探してあげることが一番大切です。

保護者の求める答えにはなっていないことは十分に承知しています。 けど好きなことにとことん付き合ってあげるしかありません。

私の周りにも一人好きなことだけで食べている人がいます。

知ってますかね?

元広島カープの四番打者、町田公二郎君です。

51QFI ThVvL

この町田君ずっと野球一筋。大学では私と同じクラスで、


同じクラスにはPLの四番を打っていた深瀬くんもいます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6e2

町田君は、野球バカです。けど才能だけでプロになったとは思えません。好きな野球の練習をバカと思われるほど練習していました。

プロに入ったから彼はすごいのではなく。好きでたまらない野球の練習をバカと言われるほどしたのでプロで活躍したのです。

彼との会話で「俺野球好きだからプロになって頑張る!」 今でも心に残っています。


あゆみは、子供の未来を放棄しません。とことん子供に付き合います。そして好きなことが見つかるまで寄り添います。

 
2019年10月13日 13:11

実りの秋!成長著しい子供のSTORY 大公開

2019-02-13_16-50-38_541
いつもあゆみのホームページをご覧いただきありがとうございました。

今回は、職員一同が感動した子供の成長記録についてのお話です。

その子は、昨年8月から通ってくれている Y君 。

yuu

この1週間の成長が本当にすごいんです。

実は、今週に入ってから 「 足し算 」 がスラスラできるようになり、

語彙を増やすために帰りの車中でしていた 「しりとり」 も今まではつっかえつっかえだったのにペラペラと話し出しました。

ほんと変化はいきなりやってきました。

このお子さんの保護者さんは、すごく教育熱心で2歳から勉強を教えてきましたが、なかなか勉強が追いつかなかったようです。

しかしながら諦めずインプットをしつずけた結果がこの急激な伸びを実現させた原動力なんだろうと思います。

お父さん・お母さんの情熱・愛情はやっぱりすごい!  頭が下がります。

004346

そんな中、あゆみにも通っていただくようになりあゆみでもY君の担当の先生が一生懸命勉強を教えてくれていました。

この人です。↓

wanage2


あゆみでもなかなか進展が見られず職員の試行錯誤の状態が1年近く続きましたが、この職員(やぶちゃん)が諦めることなく色々な試みをしてきました。

中でもこの試みが良かったのかな。というのがこれです。

最近、算数の足し算で使っているのがこのシートです。

2019-10-11_13-17-49_278

このシートは自家製ですが、なかなかの優れものです。

例えば、4+3=  の問題

黄色のブロックを4つ置きます。

2019-10-11_13-18-43_869

次に赤のブロックを3枚声を出して並べます。

2019-10-11_13-18-55_010

そうすると、答えが7となります。

この訓練をひたすらしてきました。 

これで、数の概念を覚えてきたようで、このシートを使わずに、今日も7枚の足し算プリント(一枚につき20問の足し算)をスラスラと解きました。

この変化をカラクリで考えてみるとワーキングメモリの領域の増加も絡んできていることがわかります。


頭の中を計り知ることができませんが、彼の計算方法に明らかな変化があります。

それは、今まで足し算をするときに4+3=と問題を出すと指を4本折りたたみ次に3本の指を折りたたむ姿が見られました。

これは、足し算を4、  たす  3と式として認識せずに、単体の4に3つ指を折りたたむことで出てくる数字を答えていただけでした。

今では4+□=7という問題を解いています。

この場合には、ワーキングメモリの黒板に4+□=7の数式を板書し、脳の算数の領域で計算し、4に何を足すと7になるかを考えて答えを導いています。

この差はとんでもなく大きく、

⑴  ワーキングメモリに板書ができるようになっている。

⑵  数字の羅列でなく数式として正しく認識し、脳の算数の領域を使っている。

全く違う脳みその使い方が出来上がりつつあります。まさに健常者の頭の使い方あできるようになってきています。

こうなってしまえばこっちのもので、これからはどんどん数式を解かせ頭の働きを活発化させる訓練をします。

脳みそ

しかし今回の最大の功労者はやはり保護者のOさんだとつくずく思います。

正直これほどわかりやすく成長した子供も珍しいです。

あともう一人の功労者は、あゆみの職員のやぶのです。

この職員はとんでもなく子供と親におせっかいです。とことん子供に付き合います。

こんなやぶのは、あゆみの宝ものです。なくてはならない存在です。 

ありがとさん!やぶ


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今からの季節、放課後等デイサービス選びも活発化する季節です。

   

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

2019年10月11日 13:06

放課後等デイサービスを選ぶ前にまずは特徴を知ってください

1452555

いつもあゆみのブログをお読みいただきありがとうございます。
 

保護者の皆さまにとって、多くの放課後等デイサービス(児童発達支援を含む)の中から一つを選ぶのは難しいですよね。


選択1


特に金沢市は70軒以上の放課後等デイサービスが乱立しながらも各施設、独自色を出しながら頑張っています。

そこで本日は初心者母さん向けに放課後等デイサービスの選び方をお話しします。

 

まずは、放課後等デイサービスは大きく分けると5つに分類されると言われています。


1.  運動療育型 … 金沢市では、イトシエが代表的な施設と言えます。

呼んで名のごとく運動を中心に療育を行っています。自分で言うのはどうかとは思いますが、運動療育中心の施設は、保護者・子供どちらにも人気があります。

 


156898960831701

効用としては、ゴールデンエイジ(3歳〜12歳)のお子さんの脳を成長させることができます。

12歳を超えると脳の成長を促すのはあまり期待できないのでこの年代でいかに脳の成長を促すのかがとっても重要です。

他にも例えるならぐちゃぐちゃな脳の配線を整理して一本の線にすることで、思考力が強化されると言われています。

また、多動性の子供の集中力を高めるなど多くの効用が期待できることから人気があります。


 


2.  療育型 …  金沢市では、キッズサポートあゆみが代表的な施設です。お子さん一人ひとりに向き合い、子供の成長に合わせてトレーニングを行います。
 
 多いのは、学習支援を謳う施設も多いのですが、実際には学習支援はとても難しいと思います。と言うのも小学校で6時間まで勉強してもなかなか難しいのに保護者からの要望があるからといって勉強を1時間教えても目立った成長は難しいと思います。 ただし宿題を家族の代わりに行うのは、子供・保護者にとって有益だと思いますが。

 自立に大切なもので保護者が見落としがちなものが身辺自立です。日常生活を送れるようにバスや電車を一人で乗車するためのトレーニングや服を正しく着衣できるや、相手の気持ちを知るトレーニングなどを行い、将来の生きにくさを少しでも緩和するなど、様々なプログラムが準備されています。キッズサポートあゆみも療育型放デイとして多くのプログラムを揃え親子に人気があります。

 


3.  就労支援型 …   主に中学生・高校生が通うもので、簡単なパソコン操作や工具の利用、計算機を使った簡単な経理作業などを習得します。こちらは、金沢市に1軒あります。
就労を目指す中学生や高校生にはとても有益な施設だと思います。


4.  遊び中心型 …   この放課後等デイサービスのは、学校から放課後等デイサービスに帰ってきたら、まず宿題をして、残りの時間は自由に施設の中で遊びまくります。語弊があったらすみませんが、子供の立場でいえば、私たちの子供の頃と変わらないとって楽しい場所ということで根強い人気を誇ります。実際、7割近くかそれ以上がこのスタイルではないでしょうか。良い点は、子供にとってストレスがなく楽しく通えることです。


 

5.習い事型 …   音楽を療育の中心に据え、ダンスも教えてくれるなどの放課後等デイサービスがあるようです。すみません勉強不足で金沢では見かけませんね。なかなか楽しくできそうですね。親子で楽しめるコンサートなどがあれば萌え萌えですね。太鼓を教えたり習字を習えるなどの工夫をしている放課後等デイサービスも見受けられます。
全国を見渡せば、学研やピアノ教室を併設しているなんてこともあるそうです。

 

明日は、お母さんたちが放デイをどうやって選んでいるのかをお話ししますね。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今からの季節、放課後等デイサービス選びも活発化する季節です。

   

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

2019年10月07日 20:14

心に残る名シーンVol.1 成長したね Nちゃん!

2019-05-30_16-38-30_363
あゆみのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

今回から数回にわたりランダムに名シーンをご紹介しますね。

最初に紹介したい女の子は、Nちゃんです。この女の子は、恥ずかしがり屋さんで、最初にあゆみに来た時は、誰とも目を合わせることもできず手で顔を隠す仕草が見られましたが、今では私を手招きでお呼びになるキャラに大変身。

そして、1年生の秋に来て約1年が経過、出来ることも徐々に増えました。

この日は、割り箸を自分の腰の高さから落としペットボトルに入れるゲームを楽しみました。(左の女の子がNちゃん)

2019-05-30_16-36-28_069

見事にペットボトルに割り箸を入れると得意のNちゃんダンスの始まりです。

2019-05-30_16-38-30_363

可愛いのってなんの。最高です。

他にも、夏のキャンプでは、


2019-08-19_12-52-33_273

一人で黙々とご飯を食べている風景が見れました。

2019-08-19_12-32-47_041

職員にとってはドンドン成長するNちゃんに感動モノです。

スモールステップという表現が正しければまさにちょっとずつの成長かもしれませんが、確実に成長しています。

そしてそのお手伝いができるこの仕事はとっても素敵な仕事だなぁ。と再確認しました。

ありがとう、Nちゃん!



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今からの季節、放課後等デイサービス選びも活発化する季節です。

   

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

2019年10月07日 00:12

保育園・幼稚園のお子様の小学校入学前準備期間ですること!

1547013
いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

秋も深まりつつあるこの季節、小学校入学前のお子様にとっては保育園・幼稚園で気持ちが高ぶることや新しい体験がいっぱいです。

あゆみの子供(保育園の年長さん)は、昼寝がなくなった、など小学校入学に向け様々な環境の変化があります。

ちょっとずつの変化ですが、発達障害や障がいをお持ちの子供にとっては大変なこと。

1562206


特に、小学校入学は一大イベント、この大きな変化を迎えるにあたりお母さんからこういう問い合わせが増えています。

「 入学後も仕事に行かなければいけませんが、小学校入学と新しい放課後等デイサービスとの新しい生活変化を和らげるためにはどうしたらいいでしょうか?


1452555

もしできれば、保育園のような慣らし保育的なことは可能でしょうか? そうしないと私も仕事を休まないといけないので。』と

そこで、「一度に二つの大きな変化は受け入れられないと思うので、入学前に児童発達支援という未就学児向けの支援がを受けてみてはいかがですか?


*児童発達支援とは …  未就学児が放課後等デイサービス受講前に受けられるサービスです。


これを利用すれば今からでもあゆみに通えますよ。この10月から無料化はあゆみの児童発達支援でも使えるので保護者の金銭的な負担なしで子供をあゆみに通所させることができます。いかがですか?」

そうすると多くの保護者は、無償化は、保育園・幼稚園のみで利用可能だと思っていました。保育園に今通っていてもそちらを無償化できるんだぁ。と皆さん驚かれますが出来るんですよ。



そして多くの保護者様は、慣らし保育の感覚で、年明け1月から週に1回〜2回程度の利用を希望されます。

正直それで充分だと思います。まずは入学時の不安を取り除くためでもあるので、それにあゆみは小学生のお兄ちゃん・お姉ちゃんも通っているので大きな子供に慣れることができるのもあってとても良いことだと思います。

1383500


今からの季節、放課後等デイサービス選びも活発化する季節です。

   

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

2019年10月05日 17:11

〒920-0016
石川県金沢市諸江町
中丁293-3
星座の森 1F

076-237-2533
営業時間 9:30~18:30
土日定休

サービス提供時間:
14時~18時(月〜金)
10時~16時(祝日)

ブログカテゴリ

モバイルサイト

放課後等デイサービス キッズサポートあゆみスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら