キッズサポートあゆみ(放課後等デイサービス)|金沢市諸江町

キッズサポートあゆみでは、障がいのある小学生から高校生を対象に、金沢市で放課後や祝日にデイサービスを行なっております。

キッズサポートあゆみ|放課後等デイサービス

ホーム ≫ ブログページ ≫

キッズサポートあゆみ
ブログページ

あゆみの療育Vol.38 かけことばカルタ

2019-02-26_22-17-52_987
あゆみの療育Vol.38は「かけことばカルタ」です。

この集団療育は、相手の表情から相手の気持ちを考える訓練になります。

まずは、4名ほどの小集団に子供たちを分けて療育開始です。

そしてみんなの前にこのような絵カルタを並べます。

2019-02-26_22-14-52_328

そして、先生が

「今から先生が文章を読みますので、先生が話した言葉をかけてあげたい絵を選んでね。一番多くの絵を取った人が優勝です。」と伝えます。

上の写真に対応する文章は、こんな感じです。

2019-02-26_22-14-25_376


先生「じゃあ始めますね。先生の言うことちゃんと聞いてね。」

「いっしょにやろうよ!」

2019-02-26_16-27-13_624

あちらこちらから、「これかなぁ?いやこっちだと思う。」「わかんない。」などの言葉が飛び交います。

2019-02-26_22-17-45_216

「わかった!はい。」

2019-02-26_22-17-52_987


2019-02-26_22-18-03_803
「先生、これですか?」と言われたら先生が絵カードを確認します。

「はい、正解。  〇〇くんすごいね。これなんでこの絵を選んだか教えて。」

と言って絵を選んだ理由をみんなに言うことで本人も、答えを再確認し、

他の子供たちもこの顔のときはこう言う気持ちなんだ。こう言ってあげれば良いんだと確認できます。

例えば「ケガ、だいじょうぶ。」答え合わせのときに

先生「 お友達が怪我をしているときは、他にどんな言葉をかけると良いのかなぁ?」

「どんな気持ちかなぁ?」など聞いてみると話しが広がります。

発達障害は、なかなか他人の気持ちがわからない。と言うことが多いのですがこのようなトレーニングで少しずつでも対人関係に強くなってくれれば嬉しいです。

 

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。

電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

 

2019年02月26日 21:59

あゆみの療育 Vol.37 私はだれ?ゲームです。

2019-02-19_16-41-34_084

今回の あゆみの療育 Vol.37  私はだれ?ゲームです。

 

このゲームでは次の効果が期待できます。

1.  ヒントを聞かなければいけないので集中力が養われます。

2.  想像力がふくらみます。

3.  そして 笑えます。


ゲームは毎回ですが簡単です。

まず、ホワイトボードに3枚の絵を貼ります。

(本当は6枚の絵を準備していますが、時間の関係で3枚に割愛しています。)

2019-02-19_16-36-26_930

貼り方が雑ですみません。

ちなみに小さい子向けは、定番のこのキャラです。

2019-02-19_16-39-30_330

次に先生が、ヒントを一つづつ言って行きます。

質問の内容は、それぞれ読者のみなさんがお考えください。

2019-02-19_16-36-49_680

 

分かったら答えを言ってもらいます。

ただし、この療育は競争心を煽るものではないので、一人ひとりに問題を出して行きます。

みんな自分の問題を答えられることが大切です。

あゆみの療育では、その子その子が興味のあるものを教材使います。

 

2019-02-19_16-41-34_084

 

恐竜大好きな彼には、恐竜の教材を使った問題を出します。

2019-02-19_16-41-49_344

質問に答えられたらみんなで拍手!

簡単に思えるかもしれませんが、質問を分かりそうでわからない。

ちょっと考えないと答えが出ないのがミソです。

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。

電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

 

2019年02月21日 18:06

あゆみの療育番外編。マカトン法の第1回講習のご報告です。

2018-12-13_15-54-36_625

石川県でマカトン法の訓練を受けられるのは、キッズサポートあゆみだけです。

 

今回のあゆみの療育は番外編!保護者のためのマカトン講習についてです。

 

おかげさまでキッズサポートあゆみは、昨年の8月開講から約半年で定員10名に達する事になりました。

これも、今までご利用いただきました保護者様・通ってくれているお子様のおかげだと本当に感謝しております。

 

以前より、あゆみの療育ブログで紹介してきました言語指導法として世界で広く利用されているマカトン法も皆様に関心を持っていただいている理由の一つだと思っております。

 

あゆみでは、このマカトン法を金沢の放課後等デイサービスで初めて導入するという事で、以前からマカトン法に興味を持たれていた保護者様から通所の問い合わせが多く寄せられていました。

あゆみでは、このマカトン法を通所していただくお子様に通常の療育プログラムで教えていく事になっています。(法定の療育プログラムの料金に含まれています。)

 

また、マカトン法は日常生活、特に家庭での使用が頻繁であればあるほど発語により近づくということもあり、保護者様には格安で講習会を通じ習得していただく予定です。

 

 

そこで、保護者様向けのマカトン法の講習会を2月17日(日曜日)に開催しました。

この講習会の参加者は、5月からあゆみに通所予定のダウン症を抱えるお子様の保護者様2名です。

とても熱心に講習を受けていただきました。その時のレポートを簡単にお知らせします。

まずは、マカトン法の成り立ちやどのような効果が期待できるかなどをお知らせし、次にマカトンサイン(手話のようなサイン)を覚えてもらいます。

 

マカトンサインは、ステージ9まで9段階に分かれていてステージ1はお父さんお母さんなど日常で使用する頻度が高い順からステージ2・3と進みます。

今回は、3時間の講習ということもありステージ1とステージ2の講習です。まずは講師である私が言葉を発しながらサインをしてみせます。

次に、保護者も一緒になって言葉を言いながらマカトンサインをします。

マカトン法は、耳の聞こえる人向けに開発されたので、言葉を発しながらサインをするのが基本です。

ではサインを一緒にしてください。

「 わたし 」

2018-12-13_15-54-36_625

こんな感じでステージ1のサインをまず35ケ覚えてもらいます。

次に、サインを定着するために、文章問題を出し

文章を読みながら、マカトンサインをしてもらいます。

文章問題は、約30問。悪戦苦闘しながら一生懸命にサインを覚えていきます。

この講習の感想を伺ったところ

「久しぶりにこんなに頭使った。」「ステージ3までやったらパンクする。」など。

お母さんたちもお家で早速実践してくれたようでこんな嬉しいメールをいただきました。

2019-02-21_00-05-15_000

 

もう一人のお母さんも家ですぐに実践してくれたようで

2019-02-21_00-13-25_000

 

マカトン法をあゆみと家で練習する事で、絶対とは言えませんがかなりの確率でなんらかの意思表示ができるようになると思います。

それまで頑張ってマカトン法を普及して行きます。

次回・またはその次のブログで、マカトン法の講習会の開催日とプランなどをお伝えします。

この講習会は、保護者さま対象で、放課後等デイサービスの関係者の方はご遠慮ください。

金沢市・石川県に間違ったサインを広げるとサインに共通性がなくなり子供達が将来、正しく意思表示できなくなるので、しばらくはあゆみに通うお子様の保護者さま・また障害のお子様をもつ保護者さまのみのコースとします。

放課後等デイサービスの通所定員はいっぱいですが、通常の言語指導法としてのマカトン法教室は随時開催しますので、お子様の発語にお困りの方は一度あゆみまでご相談ください。

 

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。

電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

2019年02月20日 22:26

あゆみの療育Vol36 楽しいぜー!宝探しゲーム

2019-02-15_16-44-33_183

あゆみの療育Vol36 楽しいぜー!宝探しゲーム

 

今回の療育は、宝探しゲームです。

この療育の効果は、

1.  2次元認識能力を高めます。

2.   集中力を高めます

3.   集団行動を学びます。主に協力して物事に取り組みます。

4.   時計が苦手な子供に時計の見方を教えます。 等

 

それでは、ゲームの進行と遊びかたをどうぞ。

まずは、ヒントの紙をバラバラに裁断した上でラミネートで

包みます。(何回でも使用できるように)

2019-02-15_16-43-34_127

この紙をバラバラにして2人1組で文字を作ってもらいます。

2019-02-15_16-44-02_420

2019-02-15_16-43-56_333

文字がそれぞれ完成したら勉強部屋の机の下に向かいます。

そこには何やら怪しい宝の地図があります。

2019-02-15_16-43-44_163

読めますか?

 

 

『四時半の封筒だよ』

 

2019-02-15_16-43-50_365

 

ここは、時計がなかなか読めない女の子が頑張る番です。

 

よーく見て4時30分を見つけます。

 

フムフム。いつになく真剣な眼差し!

 

2019-02-15_16-44-16_753

みんなも間違わないようにドキドキしながら女の子が

どの封筒を選ぶのかを眺めています。

では、答えをどうぞ!

 

これ!

2019-02-15_16-44-24_881

 

やった〜!大正解です。

2019-02-15_16-44-29_118

見事に宝ものゲットです。

見てください!満面の笑み

(ぼかしてありますが満面の笑みが見て取れると思います。)

 

2019-02-15_16-44-33_183

 

あゆみでは、不得意なことでもゲームにして子供に不得意・楽しくなんかないよ〜!

という気持ちを少しでも払拭する工夫をしています。

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。

電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

2019年02月15日 16:34

あゆみの療育Vol.35 動体視力ゲーム フィッシュハント。

2019-02-13_22-25-16_875

あゆみの療育Vol.35は、動体視力ゲームのフィッシュハントです。

キッズサポートあゆみにはプロジェッチャーという大型画面の療育機器があります。

主に動体視力を鍛えるソフトが充実しており、その一つにイチローが練習に取り入れているソフトもあります。

今回は、対戦型ソフトで魚が画面上を動き先にタッチして魚を捕まえるゲームをしました。

対戦型ソフトの良いところは、 

2019-02-13_22-25-21_655

① 相手がいるのでゲームに集中してくれる。

②反応スピードが格段に早くなる。

③仲の良い友達を応援する

2019-02-13_22-25-16_875

④自分の順番を守ることができる。など様々な効用が期待できます。

今回はトーナメント形式での大会で

2019-02-13_22-25-30_425

 

優勝は、この彼

2019-02-13_16-50-38_541

優勝がとても嬉しかったようです。おめでとう。

みんな本当によく頑張ってくれました。

先生からみんなに大きなはなまる◎をプレゼントします。

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。

電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

2019年02月13日 22:58

あゆみの療育Vol.34 何で分からない?お金や時間の感覚

2019-02-05_16-32-14_789

今回のあゆみの療育Vol.34は、 時間や数字、お金の感覚を理解させたい。

という多くの保護者の悩みのちょっとしたお助けになればと思いあゆみでの、いろんな取り組みをお伝えします。

参考になれば嬉しいです。

実際、発達障害や知的障害のお子様で数字の概念が育っていないお子様は意外と多くいるものです。

小学生になると算数がわからなくなり学校嫌いになるお子様の話をよく聞います。

特別支援級の子供はあまりこの感覚にならない様ですが、普通級のお子様はつまずきが多いですね。

勉強1

そこで、あゆみでは様々な方法で、日常生活の時間・数字・お金になれる練習をしています。

まずは、家庭で出来る数字の感覚の磨き方をおしらせしますので、ちょっとだけお付き合いください。

 

1.  『 ダイヤルタイマー』 

51AOa5bXlGL._SX90_

なかなか気持ちの切り替えができない子供向けのお助けグッズです。

61BWHzZugfL._SL1000_

上の写真で説明すると、赤の部分が40分を指しています。

これで、40分後にジリリリリンとアラームがなります。

このタイマーの使いかたは、時間の経過とともに赤の部分が徐々に狭くなり

0になったらアラームがなるので、子供にもう少しでテレビ・ゲームが終わりだよ。

と視覚で訴えることができ、子供ももう少しで終わりだなぁ。

と心の切り替えができやすくなるところが素晴らしいと思います。

実際多くの施設で使用していますので効果は実証済みです。

当然あゆみでも使用しています。なかなかの効果です。

気になる方はこちらでぞうぞ。アマゾン

 

2.  木製 100玉そろばん

数の概念がない子供にそろばんの玉を動かせることで、数と実際のものの数を一致させるには効果的です。

913NtBnA8SL._SL1500_

例えば

5 + 3  =  8ですね。

この場合、一番上の赤玉をまず1・2・3・4・5と数を数えながら後ろの数字の5を確認させます。

次にまた一番上の赤玉をまず1・2・3と数を数えながら後ろの数字が8になっていることを確認してもらいます。

こうして数を数えながら玉を動かし、数には実態のあるものがあるということを認知させます。

それが、数の概念と数字が一致するということです。

それでもなかなか数字のことを簡単に理解できるようになるわけではないのですが...。

気になる方はこちらでぞうぞ。アマゾン

 

 

3.  最後は、あゆみでしている買い物訓練です。

まずは買い物の説明です。

2019-02-05_16-25-28_793

 

次に、一人ひとりに「 何をいくらで買ってきて。 」と買ってきてほしいものを伝えます。

2019-02-05_16-28-49_624 2019-02-05_16-30-56_399

2019-02-05_16-30-13_201 2019-02-05_16-32-14_789

2019-02-05_16-29-27_284 2019-02-05_16-34-41_367

 

2019-02-05_16-33-40_523 

買い物訓練は、実際のお金を使って日常生活のトレーニングをしています。

祭日には、クッキングをすることが多く、近くのスーパーに買い物行き子供に食材を選んでもらい、お金を支払う練習もしています。

大人になった時に必要な訓練をするのもあゆみの療育の特徴です。

これらは、毎日家でもできる簡単な療育です。ぜひ取り組んでみてください。

 

数の概念を覚えようと思えば、日常生活で少しづつ覚えてゆくことが何より大切です。

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。

電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

2019年02月07日 22:11

あゆみの療育 Vol.33 注意力を高めるコップピラミッド

2019-02-06_16-37-27_294

あゆみの療育 Vol.33は、注意力を高めるコップピラミッドです。

写真にあるように10個の紙コップを1〜10まで数字の順番に並べて、

数通り並べたら、カップを1つに重ねるゲームです。

このゲームは、感覚統合と注意力を高め、自己抑制力を高める楽しいゲームです。

2019-02-06_13-49-09_180

コップを重ねるとこんな感じになります。

2019-02-06_13-51-37_703

 

先生のルール説明が終わったら次はみんな試合に向けて練習です。

一番左の男の子が優勝候補大本命。

2019-02-06_16-28-31_269

この子も闘志アゲアゲです。

2019-02-06_16-28-37_440

運動神経抜群の彼は密かに優勝狙ってますよ。

2019-02-06_16-31-33_018

こちらもいつになく真面目な目つきで練習中です。

2019-02-06_16-37-27_294

小1の彼はどちらかといえばこういうのがちょっと苦手な男のこです。

練習頑張りすぎ!っていうぐらい頑張っています。

2019-02-06_16-42-09_703

どんどんゲームは進み決勝戦は小4の彼と

 

2019-02-06_16-48-57_765

 

伏兵の小1の彼

2019-02-06_16-48-53_629

との戦いです。

試合は緊張の中でまずは相手の作戦を見て自分の戦い方を考えます。

2019-02-06_16-43-44_883

こんな感じで相手と話ながら、徐々に緊張感は高まって行きます。

 

結果は

 

ジャーン

 

伏兵の小1の彼が優勝!

 

喜びのポーズをどうぞ。

2019-02-06_16-42-19_143

 

なかなかの喜びようです。

 

それとこのゲームでの新たな発見は、決勝戦の相手のボールの上の彼!

自分より小さい子供にギリギリでわざと負けてあげて小さい子に花を持たせてくれました。

正直、今まで自己主張がすごく強く負けず嫌いの強い子でしたが、今回は場の雰囲気を感じて自分の気持ちを抑えることができました。本当に子供は日々成長しているなぁ。と実感させられます。

あゆみの子供たちは、スモールステップでどんどん成長しています。

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。

電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

2019年02月06日 23:13

発達障害の子供にどうやって勉強をしてもらうか。

2019-01-28_16-24-50_603

石川県で言語指導法のマカトン法の訓練を受けられるのは、キッズサポートあゆみだけです。

ブログ記事の前にお知らせです。

おかげさまで定員10名がほぼ達成されましたので、今期の募集は残り2名となりました。

あゆみの療育に興味がある!という方はどうぞご連絡ください。

 

今回は、今日の帰り際の職員との会話で気が付いたことを書きます。

あんまり深い話ではないのでサラサラっと読み過ごしてください。

AくんはADHDの特性の強い子です。 担当のY先生は、そのAくんのために、いつも手作り教材を作っています。

それも夜中まで一生懸命に。

そして、試行錯誤しながら毎日違う方法で子供にアプローチしています。

しまいには、どうしても覚えられない3+3=6を覚えさせるためにこんな腹巻みたいなものまで作って療育の時間中この腹巻つけています。

壁にはこのシート貼り付けて。

2019-01-30_18-41-14_558

ちょっと笑ってしまうけどこの担当者は本気でこの子に勉強を教えています。

けど、その担当の先生はいつも悩んでいます。

どうして私の教材は分かりにくいのかなって?

けど彼女は大きな勘違いをしていると思いませんか。

発達障害や知的障害の子供は、健常児に比べなかなか飲み込みが遅いのが特性だってことを。

昨日の問題の出し方は難しかったのかなぁ。って思うことは大切で、工夫して問題の解き方を教えてあげることがゆくゆくは担当の先生には良い事だと思います。

けど発達障害や知的障害の子供は、スモールステップが基本。

 

前頭前野で処理されたデータが右脳・左脳に蓄積され海馬に届くその経路の一部が、通りづらくなっているのがこの子供たちの特性だからこそ、何度も何度も同じ問題を復習させ、この経路に情報を流してあげるのが大切なんだと思います。

343221

毎日新しいことを学ばせるより、復習をしっかりして、一つ一つの知識を確実に増やしてあげることが重要じゃないかなぁ。とその担当者に話しました。

具体的には、算数の同じ問題を頭で覚えこむほど何度も何度も復習させる。漢字ノートも同様にする。

自分の受験勉強の時は、『英単語、全然暗記できないよ〜。』とか言いながら、子供には一回で覚えなさいなんて絶対無理ですよね。

お父さん・お母さん・指導員の皆さん、自分がどうだったか思い返しましょう。ゾッとしますよね。

ワーキングメモリの開発ソフトだって覚えこむほど何度も何度も復習する。

このソフトは答えを覚えるのが主眼でなく、頭で反応するスピードを向上させる、いろんな問題形式に柔軟に対応できるようになるなどが大切な要素。

『 ここを理解したら詰め込みはやめて、その子のスピードに合わせて勉強しましょう。』

それが正直その子の限界なんです。と言っても諦めるんじゃありません。

ゆっくりだけど確実に学んでもらうんです。

慌てず焦らずゆっくりとスモールステップで...。

皆さんには分かってるよって言われそうですがもう一度再認識してください。

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。

電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

2019年01月31日 23:14

あゆみの療育Vol.32この文章どこがおかしいでしょうか? 

2019-01-28_16-24-50_603

石川県で言語指導法のマカトン法の訓練を受けられるのは、キッズサポートあゆみだけです。

ブログ記事の前にお知らせです。

おかげさまで定員10名がほぼ達成されましたので、今期の募集は残り3名となりました。

あゆみの療育に興味がある!という方はどうぞご連絡ください。

今回の療育は、文章の間違いを探すです。

難しい訳ではありませんが、ちょっと気をつけないと騙されてしまう問題です。

まい先生「 今日は、この文章どこがおかしいでしょうか?です。

文章の中の間違いを探して正しい文章を入れてください。 」

こんな問題です。

2019-01-28_17-38-59_530

 

2019-01-28_17-39-04_200

分かりますか? 

正解は

2019-01-28_17-39-55_962

2019-01-28_17-40-07_470

です。(文章問題が長くて切れています。スミマセン。)

こんな感じで、答えが出ます。

授業では問題を渡して記入してもらいます。

2019-01-28_16-19-51_070

2019-01-28_16-19-35_592

 

2019-01-28_17-36-55_970

 

 

答えがかけたら一人ひとりが発表です。

 

2019-01-28_16-24-11_495

2019-01-28_16-24-50_603

この療育で、国語の語彙力の確認と文章を正しく理解しているかが分かります。

語彙力を増やすために穴埋めクイズも用意しています。

2019-01-28_16-33-46_901

2019-01-28_16-40-11_490

こんな感じで語彙力 UPを目指しています。

 

実は、工作好きの子供も多く、段ボールをもらってきて工作もしています。

工作中です。

2019-01-28_17-14-48_346

 

できた〜。作品名は、『ゲンガーグロス』です。

2019-01-28_17-16-39_202

こちらも工作中。

2019-01-28_17-14-51_048

 

できた〜。作品名は、『スコープ付きアサルトライフル』です。何かゲームの中の銃のようです。

2019-01-28_17-33-49_250

みんな上手にできたね!

段ボールは安上がりで子供も喜んでくれて最高の遊び道具です。

 

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。

電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

2019年01月28日 23:48

知っておきたい豆知識。「デジタル教科書」が導入されます。

49250

まずは、文部科学省の HPからの抜粋です。(http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/gaiyou/04060901/1349317.htm

 

平成28年12月に取りまとめられた「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議最終まとめや、平成29年10月に開催された中央教育審議会初等中等教育分科会での議論において、紙の教科書を主として使用することとし、必要に応じてデジタル教科書を併用することが適当とされました。
  これらを踏まえ、次期学習指導要領の実施を見据えてデジタル教科書を導入することができるよう、文部科学省は、平成30年通常国会に学校教育法等の一部を改正する法律案を提出し、5月25日に成立いたしました。
  文部科学省としては、今後、「デジタル教科書」の円滑な導入を支援するため、教育委員会や学校等が参考とするためのガイドラインを策定する予定です。

 

これを簡単に説明します。

障害を持つ子供に関する部分だけ抜粋しますね。この法律の趣旨を述べると、

障害等により教科書を使用して学習することが困難な児童生徒の学習上の支援のため、必要に応じてデジタル教科書を利用することができるようになりました。ということです。

じゃあ、どんな子供が対象なのか?気になりますよね。

視覚障害や発達障害で勉強することが困難な場合、紙の教科書と同じ内容のものを利用して授業を受けることができるようです。

詳細?は最上段のHPからご確認ください。

 

正直まだ金沢市や石川県内でこのような話を聞いたことはありませんが、法律上はデジタル教科書の使用は可能になりますのでどんどん学校に相談してください。

ちなみに、

<特別支援教育等における活用例>

○ 視覚障害のある児童生徒による、拡大機能や音声読み上げ機能の活用

○ 発達障害のある児童生徒による、音声読み上げ機能や、文字の大きさ、 背景色、テキストの色、行間・文字間隔の変更機能の活用 等

ということです。学習障害の子供にとって難しいことを、デジタルだから解消できることがいっぱいあるんですね。

20151111014606

 

この教科書のように、文章を読み上げてくれたり、文字を大きくしてくれたりなど発達障害に対応した機能が充実しているようです。

もっと詳細がわかったらまた報告しますね。

 

2019年01月27日 18:15

〒920-0016
石川県金沢市諸江町
中丁293-3
星座の森 1F

076-237-2533
営業時間 9:30~18:30
土日定休

サービス提供時間:
14時~18時(月〜金)
10時~16時(祝日)

ブログカテゴリ

モバイルサイト

放課後等デイサービス キッズサポートあゆみスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら