キッズサポートあゆみ(放課後等デイサービス)|金沢市諸江町

キッズサポートあゆみでは、障害を持つお子様を対象に、金沢市で放課後や祝日に放課後等デイサービスを行なっております。

キッズサポートあゆみ|放課後等デイサービス

ホーム ≫ ブログページ ≫

キッズサポートあゆみ
ブログページ

あゆみの療育 チームで協力!おむすびころりん

こんにちはいつもあゆみのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

さて今回の集団療育は、「おむすびころりんゲーム」をしてみんなで楽しんだ様子をお伝えします。

この療育の効用は、

1.他者と協力して物事に取り組む訓練

2.力加減を相手に合わせられるようになる

3.活動のルールを理解する認知訓練

今回の療育は、注意欠如・多動性障害(ADHD)のお子様や自閉スペクトラム症(ASD)のお子様に効果があると思いますので、注意欠如・多動性障害、自閉症スペクトラム症の療育に関心がある方はぜひ参考にしてください。

作り方は、サイズの大きな段ボールをU字型に曲げておむすびが転がるレーンを作り、子供たちが持ちやすいようにロープや取っ手を付けます。

写真 2022-10-12 11 26 22

(段ボールのサイズや子供たちの人数によって必要なレーンの数は変わってきます。あゆみでは3つのレーンで行いました)
そして、ゴール(ネズミの巣穴)を置いて完成です!



それでは簡単にゲームの進行についてお話します。

先ほど紹介したレーンをつながるように並べ子供たちの担当するレーンを決めます

指導員『AちゃんとB君は最初のレーンね!C君とDちゃんは真ん中のレーン、そしてE君とFちゃんは最後のレーンです!』

児童がチームを確認した後、ルールをみんなで確認します

1.1レーンにそれぞれ2人ずつ向かい合うようにレーンを持ちます。

2.全員持てたら一度、坂のように傾けて2回ほど練習します。

3.練習を終えたら、ストップウオッチで時間をセットし職員が最初のレーンからおむすびを転がします。

4.制限時間内に、ネズミの巣穴にどれだけおむすびを届けられるかというゲームです!


初めにチャレンジしたのは、平均的に年齢の高いAくんチーム6人です!

写真 2022-10-12 11 29 22

初めに流れてくるレーン2人PちゃんとRくんは次々と第2レーンに渡していきます!
第2レーンのH君とK君は慎重に次のレーンに渡しました!途中グラグラしていたが、しっかりと次のレーンにパスできていました!
最終レーンでスタンバイしているL君とD君、上手におむすびを転がし見事ネズミの巣穴まで転がせました!
しかし、次々と転がってくるおむすびを見てテンションが上がったのか楽しそうな笑い声が絶えないおむすびころりんになりました!

 
続いて、年齢の低い子も混ざったTくんチームの挑戦です。Aくんチームを見ていたからか、ワクワクどきどきしながらのスタートになりました。

写真 2022-10-12 11 28 46

最初のレーンでは、YちゃんとU君が挑戦!思っていたよりも難しかったのか、二人で力加減が分からずに左右に行ったり来たり・・・それでもコツをつかんできて第二レーンへ!
第2レーンではEちゃんとS君が待っています。二人は息ぴったりで次のレーンに転がしていきました!
そして、最終レーンのW君とC君のレーンに転がってきました。「やった!きたきた!」と嬉しそうにおむすびをキャッチし、まっすぐネズミの巣穴へとおむすびを運び入れられました!

みんなが頑張っておむすびを運んでくれたおかげで、ネズミさんたちはお腹いっぱいになることができました!


 現在、あゆみは新年度のお子様の受付を開始しております。
お気軽にこちらからお問い合わせください。


 

あゆみのホームページをこちらからご覧ください。
あゆみのTwitterは、こちらから
あゆみのInstgramは、こちらから
あゆみのFacebookは、こちらから
あゆみのYouTubeチャンネルはこちらからどうぞ
------------------------------------------------------------------------------------------


あゆみの療育に興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533) 
HPからもご予約いただけます。 

 担当  西尾

2022年10月11日 13:28

あゆみの「子どもと小さな生き物」

こんにちはいつもキッズサポートあゆみのブログをお読みいただきありがとうございます。
 
さて今回の療育内容は「子どもと小さな生き物」についてお伝えしたいと思います。

 あゆみでは普段の活動の中に、季節や自然を感じられるような取り組みを行っており、前回お知らせしたように季節の果物だけでなく、「生き物」を観察したりふれあったりということを積極的に取り入れています。

 ここ1~2か月でも、カブトムシやクワガタムシ・カマキリやバッタ・ベンケイガニ・トノサマガエル・ヤモリ・・・といろいろな生き物と子どもたちは関わってきました。

KIMG1315b
 
 この小さな生き物と関わることにおける療育の効用は、

1.
好奇心や感受性といった情緒を育むことができます。

2.生命の大切さを学ぶきっかけになります。

3.興味を持って調べること、知ることの楽しさを感じることができます

4.友達と関わることでコミュニケーション能力の向上も期待できます。  

 特に感じたのは、子どもが生き物に触れた時の表情の輝きです。
 
 Mちゃんはカマキリを触りたくてしょうがない様子でしたが、怖くてなかなか手が出せません。他のお友達がカマキリを手に取り「ほら、こうやって手にのせてごらん」と言うと、Mちゃんは緊張しながらも・・・恐る恐る手に取りました。そして「ほら、ほら見て!持ったよ!」と嬉しそうな表情でみんなに見せていました。
みんなからは驚きと拍手がおきました。そしてその日は何度もスタッフに「カマキリを持ったよ!」と自信たっぷりに話してくれましたが、その笑顔は忘れられません。
そしてそのあと、子どもたちはカマキリの餌をさがしに公園に行き、コオロギを捕まえました。
(残念ながらそのコオロギは餌にはならなかったのですが、後日バッタを捕らえる様子を見ることができました)

KIMG1276bb 
 
 また、Sくんはノコギリクワガタを見た時に、昆虫図鑑を出して調べはじめました。他のクワガタの種類や、日本や外国の生き物に興味を持って調べるきっかけになったようです。
 好奇心を大いに刺激され、スタッフと一緒に調べている様子は、普段は宿題に取りかかるのが遅いSくんとは別人のようでした。

KIMG1149b

  自宅でネコやカメを飼っているAちゃんは、どんな生き物でも優しく丁寧に触ることができます。
「ほら、おいで こわくないよ・・・」と小さな生き物たちに声をかける姿は、大人の我々も見習うところがたくさんあります。他の子どもたちもAちゃんがいると、安心して小さな生き物に触ることができるようです。

KIMG1153b
 

小さな生き物は・・・

子どもたちに大きな喜びをもたらしてくれることだけではありません。

丁寧に扱わないと死んでしまう時があること

触ると危険な場合もあるということ

エサを食べないと弱ってしまうこと

触った後は必ず手を洗うこと

たくさんの事を教えてくれます。

探索・操作・情緒・・・など子どもの発達において、大切なことが学べると感じました。


現在、あゆみは新年度のお子様の受付を開始しております。
お気軽にこちらからお問い合わせください。


 

あゆみのホームページをこちらからご覧ください。
あゆみのTwitterは、こちらから
あゆみのInstgramは、こちらから
あゆみのFacebookは、こちらから
あゆみのYouTubeチャンネルはこちらからどうぞ
------------------------------------------------------------------------------------------


あゆみの療育に興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533) 
HPからもご予約いただけます。 

 担当  西尾

2022年10月04日 12:37

あゆみの療育 ドキドキ!UFOキャッチャーゲーム

こんにちはいつもあゆみのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

さて今回の集団療育は、「UFOキャッチャーゲーム」で楽しんだ様子をお伝えします。

この集団療育の効用は、

1.他者と協力して物事に取り組む訓練(コミュニケーション訓練)

2.力加減やスピードを相手に合わせられるようになる(感覚遊び)

3.活動のルールを理解する認知訓練  が主な効用になります。

今回の療育は、注意欠如・多動性障害(ADHD)のお子様や自閉スペクトラム症(ASD)のお子様に効果があると思いますので、注意欠如・多動性障害、自閉症スペクトラム症の療育に関心がある方はぜひ参考にしてください。

作り方は、車に積もった雪をおろすためのアルミのスノーワイパーを持ち手にして、キャッチする部分は段ボールで作っています。
写真 2022-10-04 10 55 49

それでは簡単にゲームの進行についてお話します。

指導員『まず、イスを並べて横に一列で並んで座ってね』

児童が座り終えたら、全員の前でペアになる子を発表します。

指導員『NくんとYちゃんがペアになって運んでください!次にMちゃんとKくんがペアです!』

次に、ルールを説明します。

1.まず、スタート地点とゴール地点を決めます(児童によってコースの長さを変更するのも良いかもしれません)

2.スタート地点には、運ぶ用のぬいぐるみを置いておきます。ゴール地点には、ぬいぐるみが入れられるサイズのかごをセットします。

3.ここで1番のペアが前に来て、二人でどのぬいぐるみを運びたいか相談します。指導員は、小さな子供には大きくて運びやすいぬいぐるみ、大きな子供は、あえて運びにくいぬいぐるみを選択するように誘導するのも良いでしょう。

4.どのぬいぐるみを運ぶか決まったら、ぬいぐるみをアームで挟みスタートします。
 
5.挟んだままゴールまでたどり着き、かごに入れられたらペアでクリアとなります。

6.みんなで拍手喝采です~!

7.次のペアは、ぬいぐるみを選んで運ぶ準備をします。ドキドキが伝わってきます。

初めに挑戦したのは、仲良し二人組NくんとH君です!

 写真 2022-09-30 10 45 16

ニコニコしつつ前に出てきた二人、ぬいぐるみを楽しそうに決めていました。ぬいぐるみが決まったところで、いざスタート!N君もH君も慎重に歩き始め時折、足元がふらつき落としそうになったり、力が抜けてぬいぐるみがスルスルと落っこちそうになりながらゴールのかごに入れることができ二人ともとてもうれしそうでした。


続いて、挑戦したのは他児の姿を見て「俺らは早くやろうぜ!」と意気込んでいたT君とI君の挑戦です!

 写真 2022-09-30 10 46 54

前に出てきた二人、どのぬいぐるみが簡単そうかまじまじと確認して滑りにくそうなぬいぐるみを選択していました。先生の「よーい」の掛け声とともに足を踏み込み、スタートとともに落ちないように早歩きで運びました。今回のUFOキャッチャーゲームで一番早くゴールのかごに入れられて達成感があふれて嬉しそうでした。

今回のゲームは、友達同士でいろんな選択肢をクリアしながら楽しむゲームです。
あゆみでは、子供があらゆる場面で決断を出来る事を後押ししています。
 
最終的な結果発表は、あゆみのTwitter、Instagramで見られるので是非ご覧ください。

 

あゆみのホームページをこちらからご覧ください。
あゆみのTwitterは、こちらから

あゆみのInstgramは、こちらから
あゆみのFacebookは、こちらから
あゆみのYouTubeチャンネルはこちらからどうぞ

------------------------------------------------------------------------------------------


あゆみの療育に興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533) 
HPからもご予約いただけます。 

 担当  西尾

2022年10月04日 11:37

あゆみの療育 つぎつぎと絵が変わるふしぎなカード!

こんにちはいつもキッズサポートあゆみのブログをお読みいただきありがとうございます。
 
さて今回の個別療育は「つぎつぎと絵が変わるふしぎなカード」作って遊んだ様子をお伝えします。
このカードは一つのカードが終わりなく、次々とめくれるふしぎな「フラッパー」と呼ばれているカードです。

 KIMG1319

・この制作活動における療育の効用は
  1. はさみやのりを使うことによる手指の操作
     
  2. 仕組みを考えながらオリジナルカードを作る想像力
     
  3. できたカードを使ってパズルのように動かす(操作)
     
  4. 友達や家族に見せることで自信がつく、などが挙げられます。
 
・制作活動の流れは以下の通りですが、絵が変わるカードの元はあらかじめスタッフが作成しておき、支援に当たるスタッフはある程度仕組みを理解しておくことが大切です。



1.子どもたちはグループに分かれてそれぞれのテーブルにすわります。
(子どもの年齢や発達状況にあわせて分け、それぞれのグループで子どもたちへのスタッフを配置します)

2.見本のカードをスタッフが演じて見せ、作り方の説明をします。

3.子どもにカードに貼り付けたい写真や絵を描いてもらいます。

4.つぎつぎと絵が変わるようにカードを操作する練習を行います。

5.友達や職員に発表します。  (お家に持ち帰り、家の人に見てもらう)

 
子どもたちに真っ白なカードを渡すと、不思議そうに触っています。

スタッフも仕組みはカードをバラバラにしないと分かりません・・・

それでも活動が始まるとみんなでワイワイと机を囲んでみんな楽しそうに活動していました。

モザイク済


楽しいことをみんなと共有することで仲間意識、協調性が育まれて行きます。

 
ポケモンが大好きなSくんはポケモンをカードに貼り付けて、次々とモンスターが変わっていくものを作りました。
「うちでもやってみる!」と嬉しそうに話していました。

モザイク済み-5

マリオが好きなOくんはマリオのキャラクターが次々に代わるカードを作成しました。

食いしん坊のIくんは焼肉やかき氷、ピザなどのカードを作成して
みんなに「美味しそう~!」と言われていました。

戦闘機が好きなOくんは自分で戦闘機の絵をカードの4面にそれぞれ描いて
「かっこいい?」とスタッフに見せてくれました。

写真 2022-09-29 ゆうとくん

Aちゃんはスヌーピーや自分で描いた絵を見せてくれました。
 
みんなそれぞれの個性が出ていて本当に素敵です。
完成した時の嬉しそうな表情。
小さなことでも達成感を得る体験は大切だと感じました。

モザイク済み-4

帰るときもずっとカードを手に持っていたKちゃんは送迎車の中でもずっとカードをパタパタさせていた様子が印象的でした。
 
 
 
 
さて、今回活動の前にスタッフが秋の珍しい味覚としてクイズを出しました。
 
子どもたちは何が始まるのかと思っていたようですが、スタッフが持参した秋の味覚に興味津々・・・
 
「これなーんだ」と実物を取り出して見せましたが、すぐに当てた子はいませんでした・・・。
 
皆さんはわかりますか?

ヤマモト with秋の風物詩
 
木通(あけび)と鬼灯(ほおずき)です。
最近はあまり見かけなくなりましたね。
 
季節の野菜や果物、昆虫、生き物などキッズサポートあゆみでは、できるだけ子どもたちが自然に触れる機会があるように普段の療育に取り入れています。
 

   

あゆみのホームページをこちらからご覧ください。
あゆみのTwitterは、こちらから

あゆみのInstgramは、こちらから
あゆみのFacebookは、こちらから
あゆみのYouTubeチャンネルはこちらからどうぞ

------------------------------------------------------------------------------------------


あゆみの療育に興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533) 
HPからもご予約いただけます。 


 担当  西尾

 

 
2022年09月29日 13:28

あゆみの療育 ひっくり返しゲーム

こんにちはいつもあゆみのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

さて今回の集団療育は、「ひっくり返しゲーム」をしてみんなで楽しんだ様子をお伝えします。
写真 2022-09-28 13 04 32
この療育の効用は、

1.先生の指示に従って待つ日常動作訓練

2.ひっくり返す際に、赤を青に、青を赤にするための認知

3.認知後に正しくひっくり返す動作訓練になります。

今回の療育は、特に自閉症スペクトラム症候群のお子様に効果があると思いますので自閉症スペクトラム症候群の療育に関心がある方はぜひ参考にしてください。

作り方はとてもシンプルで丸く切った段ボールの表と裏にそれぞれ色を塗るだけでできます。またシンプルなデザインなので他の活動などにも応用がききやすい作りになっています。

それでは簡単にゲームの進行についてお話します。

指導員 『 まず、イスを並べて横に一列で並んで座ってね。 』

児童が座り終えたら、全員の前でチーム分けを発表します。

指導員 『 赤チームはNくんとYちゃん、青チームはMちゃんとKくんね。 』

次に、ルールを先生から説明します。

1.まず、表と裏で違う色の円盤を並べます。(青と赤が同じ数になるように配置します)

2.二つのチームから同じ人数だけ選んで(赤二人なら青二人)ひっくり返しあう相手を決めます

3.先生の合図とともに両チームがスタートします。

4.制限時間一分で多くひっくり返した数が点数として入ります。



一回戦目では、年齢の低い子が挑戦しました。
 写真 2022-09-28 13 04 48


三人チームで行ったひっくり返し対決、赤青ともに引け劣らない戦いになりました。結果は青チームが多くひっくり返して勝利となりました!赤チームはしょんぼりしつつも次は負けないぞ!とやる気を出していました。次も頑張れ!赤チーム!
 

続いて年齢の大きい子たちの勝負!
写真 2022-09-28 13 05 05 


赤チームのスピードがとても速く青チームが少し押されていました。青も必死に食いついて白熱していました!最終的に青が押されてしまい赤の勝利となりました。
 
年齢の低い子たちは、何度か自分のチームの色を相手チームの色に返そうとなっていました。この活動の中で色をしっかり判別出来るようにする認知力のトレーニングになっていました。年齢の高い子は早くひっくり返したくて、フライングしてしまう子がいました。そこで、先生の指示を待って行動できるように訓練を兼ね備えています。
 
ひっくり返しあうゲームの中でも多くの療育に関係していますね。

 
最終的な結果発表は、あゆみのTwitter、Instagramで見られるので是非ご覧ください。

あゆみのホームページをこちらからご覧ください。
あゆみのTwitterは、こちらから

あゆみのInstgramは、こちらから
あゆみのFacebookは、こちらから
あゆみのYouTubeチャンネルはこちらからどうぞ

------------------------------------------------------------------------------------------


あゆみの療育に興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533) 
HPからもご予約いただけます。 


 担当  西尾

 

 
2022年09月28日 13:00

来春小学校入学児童の問い合わせが増えてきました。

いつもあゆみのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

9月に入り3名の保護者様から来春の入学に向け、そろそろ放課後等デイサービスを探さないと。ということでお電話を頂きました。

22171706

昨年より少し早いイメージで保護者様が動いているイメージがあります。

昨年は11月~問い合わせが増えたイメージですが今年は早いですね。

保護者様によく聞かれる質問に、

1. どうやって子供に最適な施設を選べばいいのでしょうか?

2. 受給者証は、どうやって取得すればいいの? 自分で取得するの大変なんですけど。

3.週に何回位利用すればいいのでしょうか?  というものがあります。

これを全て今回お答えするのは大変なので、どうやって子供にあった施設を選べばいいのでしょうか?の答えですが

① お医者さんの検診票を見てどのような傾向があるお子様なのかを保護者様から教えていただき、お子様の傾向にあった療育内容の施設を選ぶ方法

②検診票の内容は、医療の見方なので、あまりこの部分を重視せず、将来こんな大人になって欲しいという思いを共有してくれる施設を選ぶ方法

③運動が好きだから運動中心の施設がいい!というように保護者様が習い事感覚で施設を選ぶ方法

などが大きく分けて考えられますが、実際は保護者様が選ぶ基準は③が多い様に感じます。

私は、どれが良いとは言えません。 

ただ、私の施設キッズサポートあゆみは、②を重視している施設です。

お子様の傾向は、正直1週間も預かっているうちに分かりますし、それなりの療育はさせていただきますが、②の傾向の施設は、20年後以降のお子様の姿を想像し、一人暮らしに必要な技能や人との関わり方を中心に療育するので、短期的に算数の勉強をして点数が上がる場合より、大人になった時に役立つように療育しています。

一見これは、成長スピードが遅く感じる場合もあるかもしれませんが、集中して勉強を教えても、小学校で6時間勉強してここまでのレベルなのに放デイで勉強したら急上昇したなんてことは絶対にありません。小学校は6時間勉強しているのにそれ以上の成果を放課後デイに臨むのはおかしいと言えるでしょう。

882013

なので、勉強を期待するより、コミュニケーションの訓練、日常生活の訓練など学校で学べない分野を放デイで教えてもらうと割り切った方が賢明です。

それができる施設を私だったらお勧めします。

そのような施設は、どうやって選べばいいのか?

分かりませんよね。だってほとんどの施設のホームページは、療育活動の風景が具体的に掲載されていないので。

もし、療育内容を知りたいのであれば、相談員さんに確認するしかないかもしれませんね。

もし、それでもいい療育をしている施設が分からなければ、私が相談にのりますし、キッズサポートあゆみはいい施設だと思います。

もしよければ、一度お電話ください。

そして見学していただけたら嬉しいです。



 

あゆみのホームページをこちらからご覧ください。
あゆみのTwitterは、こちらから

あゆみのInstgramは、こちらから
あゆみのFacebookは、こちらから
あゆみのYouTubeチャンネルはこちらからどうぞ

------------------------------------------------------------------------------------------


あゆみの療育に興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533) 
HPからもご予約いただけます。 


 担当  西尾

 

 
2022年09月22日 22:29

あゆみの療育 全力発射 吹き矢ゲーム

いつもあゆみのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

今回のあゆみの療育は、「全力発射 吹き矢ゲーム」です。

ふきや

このゲームの効用は、吹き矢を飛ばすには、ただ単に強く息を吐けばいいのではなく、角度を考えたり、ストローであまり矢を吸いすぎない事などいろんな注意点があります。

この先生の注意点をちゃんと聞き、そして自分なりの工夫をすることが大切です。結構、頭を使うゲームです。

まずは、タピオカ用の太いストローの上部の曲がる部分を折り曲げ輪ゴムで括り、発射用のストローを作ります。

矢は、綿棒を使います。なのでストローを買う時は綿棒が入る太さのものにしてくださいね。

子供たちに「ちょっとだけ息を吸って、思いっきり息を吐きだして。そうすると遠くに飛ぶからね。」と説明します。

まずは、小さなこども達から挑戦です。

一人2回矢を拭くのですが、驚いたことに小さな子供の方が矢を遠くに飛ばすんです。ん~なぜだろう?

では、矢の距離はどうやって測るのか?ですが、名前を書いたシールを遠くに飛んだ矢の場所に貼り距離を競います。

では、子供たちの奮闘の様子を動画でご覧ください。



IMG_1979
 

あゆみのホームページをこちらからご覧ください。
あゆみのTwitterは、こちらから

あゆみのInstgramは、こちらから
あゆみのFacebookは、こちらから
あゆみのYouTubeチャンネルはこちらからどうぞ

------------------------------------------------------------------------------------------


あゆみの療育に興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533) 
HPからもご予約いただけます。 


 担当  西尾

 
2022年09月10日 00:09

あゆみの療育 自家製ピンボールで楽しもう!

いつもあゆみのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

今回のあゆみの療育は、縁日で楽しんだ「自家製ピンボール」です。

ピンボール

縁日と言えば「ピンボール」という事で、職員が段ボールでピンボールを作ってくれました。

段ボールとは言え、なかなか本格的に出来ており、縁日の雰囲気の中で子供たちは大はしゃぎです。

ポイントを獲得するとお菓子がもらえるのでみんな本気で頑張ります。

このピンボールだって立派な療育になります。

この療育の効果は、

1.力加減(ボール押し出しの強弱を学べます)
2.みんなで仲間を応援出来ます
3.順番を待つ練習になります
4.壊さないように大事に使う練習になります。 
  その他にもたくさんの効用があります。

この段ボールピンボールは、比較的簡単に作れますので、みなさんの施設でも作って見ては如何ですか?

ボールは100均で買ってきても大丈夫。  製作費は200円程度ですが、ちょと時間が掛かります。


4273c8b2-81e4-49fd-9e92-75a3014fd303-0

b7857bfd-463b-4382-9009-3ceeb6b9ab20-0

やってみると自家製のピン棒で輪ゴムの力で反動し球を押し出すので

力の調整が難しいです。
だからこそ、力加減の療育になります。

小型版であれば家庭でも作れますので、お子様と作ってお楽しみください。

活動内容は、下記のサムネイルを押してご覧ください。
2022-09-06_14-39-27_133


あゆみでは、買い与えるではなく、欲しいものは自分で作る!をモットーに

想像力を育む療育をしています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

あゆみのホームページをこちらからご覧ください。
あゆみのTwitterは、こちらから

あゆみのInstgramは、こちらから
あゆみのFacebookは、こちらから
あゆみのYouTubeチャンネルはこちらからどうぞ

------------------------------------------------------------------------------------------


あゆみの療育に興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533) 
HPからもご予約いただけます。 


 担当  西尾

 
2022年09月07日 14:16

遊びに行きました!子供に大人気福井恐竜博物館!

いつもあゆみのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

代表の 西尾です。

今回の外出先は、福井恐竜博物館です。

この福井恐竜博物館は世界3大恐竜博物館と呼ばれており展示物は圧巻の一言です。

博物館

金沢からは、白山経由で約1時間40分程度で行けます。

子供たちもギリギリ飽きずに行ける距離です。

毎年、福井恐竜博物館に行っていますが、最近はコロナの流行で入場制限がかかり、事前予約制になっています。

ですので、以前よりゆったりと見学することが出来ます。 皮肉と言えますね。

料金も適正価格です。詳細はこちらからどうぞ

この外出の効用は、

1.先生と一緒に見学することで、突発的な行動を抑制する訓練になります。
2.子供2名、先生1名で行動するので、もう一人のお友達の様子を見ながら自分も行動する。
  人に併せて行動する訓練になります。

それでは、博物館にGO!

すごく長いエスカレーターに乗って地下に行くと恐竜エリアに突入です。 みんなドキドキです。

2022-08-26_14-08-32_457

ティラノザウルスの骨格の前でパチリ。
子供人気一番です。

2022-08-26_14-08-22_851

この恐竜はリアルに動きます。 女の子が爆泣きするのでお気をつけてください。

2022-08-26_14-08-08_744

全体を見渡せる場所もあります

2022-08-26_14-06-58_353

ついさっきまで怖いよ~!と泣いていたのにすぐに笑顔に。

2022-08-26_14-06-47_255

いつの間にか頭に恐竜が…。

2022-08-26_14-07-50_251

2022-08-26_14-07-10_009

カメの祖先の骨格前でガオー!

2022-08-26_14-07-05_242

2022-08-26_14-07-27_276

約1時間15分ほど見学をして、帰途につきました。

こどもは、疲れやすいので、あまりにも長い見学は集中力が途切れます。

なので、この位の時間がちょうどです。 保護者様・他施設のかたの参考になれば。


博物館の帰り道、ショッピングモールのフードコーナーでお食事を楽しみました

自分でお金を払い買い物を経験。

緊張感漂うお買い物です。これも立派なSST(ソーシャルスキルトレーニング)です。

この訓練では、現金で支払い、1000円札を出来るだけ利用せず、小銭で支払う事で

お金と数字を結びつけることが重要です。

2022-08-26_14-07-39_373

一つの外出に複数の療育を組み合わせることで、療育の効用を最大限に発揮する事を目指しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

あゆみのホームページをこちらからご覧ください。
あゆみのTwitterは、こちらから

あゆみのInstgramは、こちらから
あゆみのFacebookは、こちらから
あゆみのYouTubeチャンネルはこちらからどうぞ

------------------------------------------------------------------------------------------


あゆみの療育に興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

 
2022年08月26日 13:43

あゆみの療育 のと海洋ふれあいセンターに遊びに行きました。

いつもあゆみのブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

今回のあゆみの療育 お出かけ編は「のと海洋ふれあいセンター」です。

2022-08-19_12-09-30_857 (1)

ここは、金沢市から約2時間かかる能登の先端に近い場所にあります。

_________ 2022-08-19 23.00.52

車で2時間なので、子供たちは少々お疲れ気味でのと海洋ふれあいセンターにつき、

まずはご飯をみんなで食べたあとに

2022-08-19_21-37-48_135

予約しておくと、センターの職員さんが子供たちに

楽しい遊びを体験させてくれます。

まずは、専用の靴を履き、救命ジャケットを着ます。

2022-08-19_12-59-07_383 (1)

そして、気を付ける魚や貝などの説明を受け早速海に向かいます。

2022-08-19_13-02-24_179

まずは、魚の見つけ方やあみの使い方などを聞いて浅瀬に向かいます。

2022-08-19_21-38-17_043

2022-08-19_21-38-16_997

2022-08-19_21-38-52_402


ここは、外海から区切られており波もなく、浅瀬になっており、保育園児でも遊べる空間になっています。

みんなズボンやスカートをベチャベチャにしながらカニやヤドカリを楽しそうに素手でつかんでいました。

2022-08-19_21-38-52_468

2022-08-19_21-38-52_563

センターの職員さんも見つけたかにやヤドカリを子供たちがつかみやすい様に誘導してくれて子供たちも大満足という感じでした。

ここは、子供たちと遊ぶには穴場だと思います。海水は透き通って本当にきれいです。

来る前は、どんなところだろうと半信半疑で来ましたが、子供たちに大好評で、来年も来ようねと子供たちと約束をしました。

2022-08-19_21-38-52_654

星4つです。


2022-08-19_13-51-29_487
 

あゆみのホームページをこちらからご覧ください。
あゆみのTwitterは、こちらから

あゆみのInstgramは、こちらから
あゆみのFacebookは、こちらから
あゆみのYouTubeチャンネルはこちらからどうぞ

------------------------------------------------------------------------------------------


あゆみの療育に興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

 
2022年08月19日 16:42

〒920-0016
石川県金沢市諸江町
中丁293-3
星座の森 1F

076-237-2533
営業時間 10:00~19:00
土日定休

サービス提供時間:
13時30分~17時30分(月〜金)
10時~16時(祝日)

ブログカテゴリ

月別ブログアーカイブ

2023 (11)

モバイルサイト

放課後等デイサービス キッズサポートあゆみスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら