キッズサポートあゆみ(放課後等デイサービス)|金沢市諸江町

キッズサポートあゆみでは、障がいのある小学生から高校生を対象に、金沢市で放課後や祝日にデイサービスを行なっております。

キッズサポートあゆみ|放課後等デイサービス

ホームブログページ2019年 ≫ 7月 ≫

2019年7月の記事:キッズサポートあゆみ
ブログページ

子供・保護者との面談で思う事とは。

nchan
キッズサポートあゆみでは、3月に一度保護者との面談をしています。

その中で、保護者の皆さんが異口同音に話されるのが、「 子供が将来自分一人の力で生きて行けるのかが心配です。」

どうしたらいいのでしょうか?というものです。

確かに、心配ごとはつきません。 

kanasiikao
保護者から見たら、

「 服も逆に着るし、靴だって一緒。スプーンで一人で食べれないし、買い物もできない。」


心配ごとはつきませんが、保護者の皆さんに「できることはなんですか?」と逆の質問をします。

「これもできるようになったし、あれもできるようになったんですよ。」と声を弾ませながらお話してくれます。


そんな時、こう言ってみます。 

「〜くん、すごく成長しているんですね。そしてお母さんも、愛情たっぷりで子供に向き合っているんですね。

〜くんは、素敵なお父さんお母さんに恵まれてすくすく育っていて安心です。」

そうすると、お母さんも、「 うちの子供は、あゆみが遅いかもしれないが、しっかりと成長しているんですね。よかった。」

と他の子供と比べるのではなく、自分の子供のペースで子育てをすればいいんだなって気がついてくれます。

そこで、次にこんな提案をしてみます。「 できたよノートをつけてみませんか。」

お金


出来ないことを考えるより、出来た事に注目してあげる。  

今日こんなことができるようになった。その時のお子さんの頑張り。

そして保護者が感じた幸せな気持ちをノートに綴って行きます。

そうすれば、子育ての充実感が味わえ、心配が先行することなく、子供の成長が確認でき、次に家族みんなでこんな事にチャレンジしようなど目標が描けるようになります。

そしてスモールステップ(小さな一歩)が楽しみに思えてきます。

階段

あゆみでは、保護者の皆さんに連絡帳やメールで、子供の頑張りや成長、

そして「お母さんのこんなところが好きっ!」て言ってますよ。

女の子写真

など子供のすごいところや良いところをお伝えしています。


あゆみは、お子さん・保護者の頑張りを応援させていただきます。

あゆもも当然頑張りますよ。念のために...。





 
2019年07月13日 21:25

夏休みの 「 あゆみ、ハンパないって! 」

あゆみ
夏休みのあゆみは、お出かけや遊びで子供たちと徹底的に楽しみます。

8月の行事表をご覧ください。

最初案を見たとき、こんなに遊びまくって大丈夫なの?っていうくらい、楽しい行事が、いっぱい詰まっていました。

例えば、福井恐竜博物館や県民プール、小松航空プラザ他毎日楽しい行事が目白押し!

まだまだお子様の予定が決まってないお子様はぜひ、あゆみにお越しください。

絶対に子供たちを飽きさせない自信があゆみにはあります。

0001-2



あゆみの子供たちは、スモールステップでどんどん成長しています。
 

あゆみの療育に興味をお持ちな方は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号(076-237-2533)  担当  西尾

2019年07月06日 15:21

久々に、近頃ちょっとだけ思ったこと書きます。

2019-04-30_14-57-11_021
早いものでキッズサポートあゆみを開所してから早 11ヶ月。

最初のうちは、分からないことだらけで、ほんと大変でした。

ビジョントレーニング

その時にあゆみの方針で打ち出したのが「療育を通じ、全ての子供を幸せにする。」というものでした。

当然、今でもその方針に変わりはありませんが、最近ちょっと気になることがあります。

子供の得意不得意は、千差万別で勉強が嫌い・運動が苦手などいろいろな子供が通ってくれています。

あゆみでは、通所前に保護者の方にお子様の状況を確認するアセスメントを実施しています。

その子供たちを観察していると、保護者の皆さんが気になる点と指導員が気になる点がちょっとだけずれていることがあります。





「 うーん! 言いにくいんですけど…。」

029462

自分の服がちゃんと着られない。トイレに行ってちゃんと手洗いができていない。箸がちゃんと使えない。etc

実は、日常生活の細かいことができていない子供が思いの他多くいます。

それ自体が悪いのではなく、練習すればなんとかなるものですが、出来ない事が多い子供たちは、学校やその他の生活の中で私たちが考えるより不便を感じることになります。


だからこそ特に小さなうちは、日常生活の事をちゃんと教えるのも大切だと思うんですよね。


okigae

実は、この日常生活を自分で出来る様になることが、将来の自立の第一歩にあたるのだと思っています。

就職する事をゴールと考えている保護者様もいらっしゃいますが、いろんな折にお伝えするのが


『 就職した後、自立した生活を送れる様にするのが親の役目です。 』


1.  まず就職は生活の大部分を占める大切な要素ですが、就職するためには経営者の本音を知っておく必要があります。

実は近頃就職に向けての実習で知的障害をお持ちの方があゆみに来ていました。

その方は、日常生活は全く問題なく過ごせていて、一緒にいてすごく心地よい方です。

当然、子供たちもすぐにお姉ちゃん大好きとなり、私もこの人なら雇用したいとなります。

雇用する側から言えば、仕事以外のことに手を取られたくない、一緒に働きたいと思える人なら

雇用したくなるのが経営者の本音だと思います。 


2.  あと数十年経つと、親が亡くなり自活が始まります。結婚しているかもしれませんね。

その時に、料理、洗濯、掃除などの日常生活を送れる様に教えてゆくことは本当に大切です。( 誰も助けてくれませんよ。 )

教えていなければ、家は汚いままに荒れ放題。服も前後逆で仕事場に...。 その方は、自立してると言えるのでしょうか?

だからこそあゆみでは、自立に向け保護者様と建前抜きの支援計画を作らなければと思い直したお話でした。

勉強 … 大切です。

コニュニケーション能力・日常生活能力 … もっと大切です。

                           以上 
2019年07月01日 22:43

〒920-0016
石川県金沢市諸江町
中丁293-3
星座の森 1F

076-237-2533
営業時間 9:30~18:30
土日定休

サービス提供時間:
14時~18時(月〜金)
10時~16時(祝日)

ブログカテゴリ

モバイルサイト

放課後等デイサービス キッズサポートあゆみスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら